脳梗塞とは

生存の危機につながる脳のダメージ

人間の精神部分だけではなく、運動機能や感覚機能、自律神経までほぼすべての機能を管理統括しているのが脳という器官です。実質、人間において脳がダメージを受けるというのは生存に深刻なダメージを及ぼすというのと同義であり、最も重要な器官といって問題有りません。

また、心臓以上に代替が困難で、かつ、非常に繊細であるため外部的な施術・操作も難しいという難点も抱えています。

死亡確率が高い脳梗塞とは

そんな脳に対して大きなダメージを与えるのが脳梗塞という病気です。脳は常に大量の酸素と糖分を消費する器官であるため、非常に多くの血管が張り巡らされています。この血管は太いものから細い毛細血管まで様々ですが、この血管が一部であれ詰まったりして血行不良が起きると、脳細胞は活動を大きく制限され、多くの場合壊死が発生します。

脳神経細胞はその性質上、一回壊死してしまえば再生・回復が極めて困難であるため、脳梗塞を起こした場合、その多くが何らかの後遺症を残すことになります。また当然ながら、太い血管が脳梗塞を起こしたりしてダメージを受ける範囲が広い場合、かなりの確率で生存自体が危機に瀕します。

症状の出かたはさまざま

徐々に進行するタイプの脳梗塞もある一方、心臓でできた血栓などが脳に詰まる心原性脳梗塞など、激しい症状が突発的に起きるものも有るため、症状を自覚してからでは遅いことが多く、普段の生活習慣や食生活などから脳梗塞を起こしにくい体質を作る予防が非常に重要になる病気であるとも言えるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。