脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞について脳出血との違い

脳出血との違い

原因や症状によって差別化する

脳梗塞、脳出血はまとめて脳卒中と呼ばれることも多いのですが、その仕組みや症状の出方には大きな違いがあります。まず、脳梗塞は脳の血管の一部が何らかの理由によって詰まり、血流が確保できなくなることによって周辺の脳細胞・神経細胞が壊死を起こす症状です。

その脳領域が担当していた各種機能は当然不全をきたしますし、重篤な場合には意識障害から昏睡、死に至ります。

脳梗塞は手術の必要がない

梗塞の原因となる要素のタイプ別に「ラクナ梗塞」「アテローム梗塞」「心原性梗塞」などの種類があります。脳出血と比較した場合、症状がゆっくり進むのが特徴になります。
治療に関しては主に投薬による治療が行われます。「出血性塞栓」などを伴わない限り、手術になることはまず有りません。

脳出血では開頭手術が必要

脳出血は文字通り、脳内の血管が破れて出血を起こすことであり、出血が血腫となって脳神経を圧迫して機能障害を引き起こす他、髄液への血液混入で脳細胞へダメージを与えます。
狭義は脳内血管からの出血のみを指すのですが、広義ではくも膜下出血などを含むこともあります。動脈硬化と高血圧が重要なリスクファクターであり、食生活の関係上近代までは日本における死因のトップでした。

脳梗塞と比較した場合、短時間で激しい症状を引き起こすことが多く、猛烈な頭痛と共に目眩や吐き気、視覚障害などを伴って意識障害を起こして昏倒するという例が多く見られます。

治療としては、出血の程度によって投薬治療で済ませる場合もあれば、血腫を除去する必要があるため開頭手術を行うこともよく有ります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。