脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞についてリスク因子について

リスク因子について

脳梗塞の要因となるニコチンの作用

脳梗塞のリスク因子として、最大のものと言われているのが「喫煙」です。タバコに含まれるニコチンは血管収縮作用があり、これがタバコの「スーッと」した感じにもつながっているのですが、とにかく毛細血管を中心に全身の血流をかなり悪化させます。

すでに「ラクナ梗塞」や「アテローム梗塞」を潜在的に持っている場合、血管収縮で発作の引き金となることがありますし、血中のニコチン自体が血管壁を傷つけアテローム形成や血栓形成を促します。アテローム梗塞で重要になる血中悪玉コレステロールの増加にも関わっているという分析が有り、非常に強いリスク因子となっています。

予防には血圧コントロールが重要

次に各種生活習慣病が挙げられます。「糖尿病」「高脂血症」などの血液の状態が悪化する疾病と脳梗塞はかなり高い相関性を示している他、同じく生活習慣の影響が大きい「高血圧」も脳梗塞のリスク因子と見られています。高血圧は動脈硬化を促進して「ラクナ梗塞」「アテローム梗塞」を増悪する他、脳出血に対しても強いリスク因子となっています。

また逆に低すぎる血圧もラクナ梗塞やアテローム梗塞において発作の引き金となることが多いので、降圧剤などを用いた過度の血圧低下は危険です。血圧コントロールに関しては、なるべく上下させないというのが基本になります。

心臓の病が原因となる心原性脳梗塞

心原性脳梗塞に関して強いリスク因子となるのが、心房細動・不整脈・弁膜症・心筋梗塞などといった心臓疾患です。心原性脳梗塞は、症状が突発的かつ激しくなる傾向が有るため、こうしたリスク因子を高く持っている人は、普段からの予防策が重要になります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。