脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞について糖尿病との関係

糖尿病との関係

相関性が高い糖尿病・脳梗塞

脳梗塞と糖尿病、特にアテローム梗塞と糖尿病には高い相関性が有ることがわかっています。
脳梗塞患者の約半分が糖尿病患者でもあることが統計では解っており、また、アメリカなどでは糖尿病患者の7割が脳梗塞・心筋梗塞によって死亡しているという統計も有ります。

これは、どのタイプにおいても脳梗塞の直接原因となる動脈硬化を、糖尿病は強く引き起こすためであると考えられています。
なお、糖尿病に関してはこちらのサイトに糖尿病の原因や特徴が詳しく記載されていますのでご参考ください。

動脈硬化について

動脈硬化を引き起こす要因としてメジャーなのが、血中コレステロールが血管壁内部に入り込んで形成する「プラーク」です。このプラークが成長すると単純に血管内部の容積を減らして血流を悪化させ、ある時破裂して炎症を引き起こし、血小板が集まってくる結果血栓を形成して本格的な脳梗塞へとつながります。このプラークは血管壁内膜に酸化されたリポ蛋白が入り込むことで形成・成長します。

そして、このリポタンパクを酸化させてしまう原因が、高血糖状態、すなわち糖尿病なのです。
よって、糖尿病患者は血中コレステロール値の割には血管壁内にプラークが形成されやすく、脳梗塞のリスクが高いといえるわけです。

糖尿病予備軍でも脳梗塞の危険がある

なお、こうした仕組みははっきり糖尿病に至っていない「糖尿病予備軍」の段階でも進行しているため、糖尿病ではないからといって安心できるものでは有りません。
いわゆる「メタボリック」状態では、血糖による影響に加えて、内臓周辺の中性脂肪などから動脈硬化を促進する物質も出ており、気づかないうちに動脈硬化を急ピッチで進めているのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。