脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞について高脂血漿との関係

高脂血漿との関係

高脂血症も血栓の原因に

高脂血漿あるいは高脂血症と呼ばれる症状も、脳梗塞と深い関わりを持っています。
脳梗塞の種類のうち、近年になって増えてきたのが「アテローム梗塞」と呼ばれるタイプの脳梗塞です。このアテローム梗塞とは、脳血管内壁にアテローム(粥腫)が形成・肥大していき、そのまま血管内部を塞いでしまったり、破裂して炎症反応を起こして血小板を呼び寄せて血栓となったりして脳血管をつまらせることで起きる脳梗塞です。

段々と血管が狭まっていきますので、徐々に発作の頻度が増えたり症状が重くなったり、低血圧時に発作が頻発するという特徴を有しています。

悪玉コレステロールはアテローム形成の要因

このアテローム形成の主犯は血中の悪玉コレステロールです。コレステロールは生命維持に必要不可欠な成分であり、常にある程度は血中に存在しているのですが、その中で酸化LDLコレステロールという状態になったコレステロールは血管壁内膜に潜り込んでアテロームを形成してしまいます。

一般に高脂血症と呼ばれる状態にはいくつかのタイプが有りますが、悪玉であるLDL コレステロールが高くなるタイプの高脂血症は、動脈内壁にアテロームが形成される危険性が高くなるわけです。

高血糖+コレステロールは危険

なお、ただ単に血中コレステロールが高いからといって即脳梗塞に繋がるわけではなく、実際のリスクはその他の要因との組み合わせでも変わってきます。

特に注意すべきなのが、酸化LDLを増加させる高血糖の組み合わせで、両方を併発しやすいメタボリックシンドロームでは脳梗塞のリスクも跳ね上がっていると認識すべきでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。