脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞について動脈硬化との関係

動脈硬化との関係

動脈硬化は血管の柔軟性を奪う

動脈硬化は脳梗塞・脳出血をまとめた脳卒中の主犯といえる症状です。動脈硬化とは簡単に言って、血液を各器官に運ぶための血管である「動脈」が何らかの理由で血管壁を分厚くし、柔軟性を失った状態を指します。

大体の場合、柔軟性を失った血管は結果的に強度も下がって出血の原因となる(脳出血)他、内部の通路が狭くなって血流不良を起こしたり(アテローム梗塞・狭心症・心筋梗塞)、毛細血管で血流の際の伸縮ができなくなってやはり血行不良を起こしたり(ラクナ梗塞)ということを起こします。

血管の変質は万病の元に

アテローム型の動脈硬化の場合、形成されたプラークがちぎれてより細い血管に詰まる、心筋梗塞を起こしている血栓が一部ちぎれて脳血管に詰まるなどの形(心原性脳梗塞)でも梗塞を引き起こします。血液を運ぶという血管の変質ですので、その他万病の引き金となりますが、特に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血に関しては高いリスクを生じさせるのが動脈硬化です。

予防には禁煙・禁酒が効果的

動脈硬化の予防としては各種学説が提唱されていますが、取り敢えず「LDLコレステロール値が高い(高脂血症)」、「高血糖(糖尿病)」、「高血圧」、「喫煙」などが動脈硬化をより進行させることがわかっています。

それに対しての具体的方策はいろいろに意見が別れており、はっきりとした統一見解は無いのですが、一応の共通項として「野菜中心の食生活への改善」「禁煙」「飲酒の節制」「適度な運動」が有効であるとは言えるようです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。