脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞について心臓病との関係

心臓病との関係

突発的かつ激烈な症状を起こす

脳梗塞の種類のうち、発作の予想が難しく、症状が突発的に現れ、かつ、激烈な症状を引き起こすことが多い脳梗塞に「心原性脳梗塞」というものが有ります。

これは、心臓などで形成された血塊・血栓が脳の血管に入り込んで塞栓となり引き起こされる脳梗塞ですが、心臓という大きな器官で形成される血栓だけに、脳のかなり太い血管でも塞いでしまうことが有り、広範囲にわたって甚大なダメージを与えるようです。

この心原性脳梗塞の原因となる血栓は、不整脈などの各種心臓病を患っていると形成されやすくなるため、心臓病と脳梗塞の間には強い関係があると言えるわけです。

不整脈について

心原性脳梗塞を引き起こす血栓を形成しやすくなるのは、各種心臓病の中でも「不整脈(心房細動)」、「洞不全症候群」、「心筋梗塞」といった心疾患です。この他、心臓弁膜症で人口弁膜を入れている人などでも血栓形成リスクが高まるそうです。

まず不整脈(心房細動)とは、血液を送り出すための心房が細かく痙攣することでうまく血液を送り出せなくなる症状です。外的には拍動が乱れる不整脈として表れますが、内部的には血液がうまく流れず滞った状態を作り出すため、血液の凝固塊が作られたすくなります。
この血塊、基本的にはすぐ分解されるのですが稀にうまく分解されないまま血流に乗って各種血管に詰まってしまいます。

洞不全症候群について

脳の場合は「心原性脳梗塞」となるわけです。洞不全症候群も不整脈の一種であり、電気信号のバグである心房細動に対して、うまく拍動をさせるための洞結節という箇所がうまく働かない症状です。
これも拍動がおかしくなりますので、同じ要領で血栓が形成されます。心筋梗塞は、心筋梗塞の原因となっている血栓が一部ちぎれるなどして血流に乗り、脳にまで至って脳梗塞の原因となります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。