脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞が起きたら脳梗塞発作時の対応

脳梗塞発作時の対応

普段からのシミュレートが大切

脳梗塞の発作が起きた時どうするか。症状の重さによって変わっては来ますが、重篤な場合はとっさの対応が生死を分けるということも十分あり得ますので、普段からある程度はシミュレートしておきたいところです。

まずは症状がおさまるのを待つ

まず、自分の意識がある状態で脳梗塞の発作だと思われる状態に陥ったらどうするかです。
意識があるということは、症状としては軽度から中程度だろうと予想ができます。自分一人しか居ないといいう状況なら、何とか自力で救急車を呼ぶしか有りません。しかし、無理をして動けば血圧の上昇から脳出血など、さらに重大な症状を呼ぶことも有り得ます。

自分一人の場合はまず、t吐き気やめまい、頭痛などの波が過ぎるまではじっとするべきでしょう。
その上で、電話で救急車を呼ぶのが、できうる最大の対応でしょう。近くに誰かがいて、助けを期待できる場合はとにかく安静にすることに努め、無理をして動かないことが重要になります。

熱射病と同じ対応をおこなう

家族、知人などが目の前で発作を起こして倒れた場合はどうするべきでしょう。
まずは、出来る限り動かさずに楽な姿勢を取らせます。吐き気を伴っていることも多いので、嘔吐物で窒息しないように横向きに寝せるのが良いでしょう。場所としては静かな日陰などが望ましく、基本的には熱射病対応などと近いものがあります。

それと同時並行か其の後に救急車を呼びましょう。ここで注意すべきことは、素人判断で様子を見ようなどとしてはいけないということです。速やかに専門家の処置を受けさせるのが最上の対応です。

スポンサードリンク

関連記事一覧 >>

Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。