SPECT

今注目の検査方法

脳梗塞やアルツハイマー、脳出血に虚血性発作などなど、脳の血流に関する検査を行う方法として新しく出てきた手法の一つがSPECTです。これは「 Single photon emission CT(単一光子放射断層撮影)」の略であり、CTスキャンの一種であるということができます。

CTスキャンとの違いついて

CTスキャンは通常、X線によるレントゲン撮影を使って断層撮影を行うのですが、SPECTの場合PETと似たような方法で、放射性物質と結合させたマーカー物質を体内に循環させ、その分布や取り込み具合から体内各所の活動状況を映像化します。

PETとの違いは、PETよりも使用する放射性同位体の幅が広く、簡単に言ってしまえば、より安価に検査を行うことが出来るという利点を有しています。そのかわり、検出精度に関してはPETに譲ります。

脳の血流量を測定する

SPECT検査における脳梗塞検査は、脳における血流の量を対象として観測します。これはマーカーを単純に血流に乗っけて流すからで、血流が多いところほどマーカーが集まって高い反応を示し、血流が少ないところは反応が低いというふうになります。

脳梗塞は簡単に言って脳の血流不全ですので、SPECT検査を行えば、脳の中で不自然に血流が少ない箇所などを容易に特定できるというわけです。血流が通っていないのに脳細胞が正常に働いているということはまず有りませんので、比較的小規模なものから脳梗塞を発見できる検査方法だといえるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。