脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞の薬物療法抗凝固療法(ヘパリンナトリウム、アルガトロバン等)

抗凝固療法(ヘパリンナトリウム、アルガトロバン等)

脳梗塞は時間との戦い

心原性のものは特にですが、一般に血栓は血液中のフィブリンと血小板で形成されています。
この二つの成分はいわゆる傷口を塞いで出血を止めるための成分なのですが、時には心原性脳梗塞のように血栓を形成してしまって、問題を引き起こします。

もちろん、役割を終えれば分解されるようにできているのですが、脳梗塞ように一分一秒を争うような状況では、その溶解を気長に待っているわけにも行かないため、血栓溶解剤などが投与されます。

心原性脳梗塞のリスクを軽減する

脳梗塞において超急性期を過ぎたあとや、慢性期に入って以降の再発防止、もしくは何らかの心臓疾患を持っているなど心原性脳梗塞のリスクが高い場合の予防としては、このフィブリンが凝固するのを抑える「抗凝固療法」という治療がよく行われます。抗凝固療法に用いられる薬剤としてメジャーなものは、「ヘパリンナトリウム」「アルガトロバン」などが有ります。

抗凝固薬について

ヘパリンナトリウムは、アンチトロンビンという血中の凝固阻害因子に結びついてその働きを強化する性質があり、フィブリンの凝固を抑えます。アルガトロバンは、ヘパリンナトリウムを長期にわたって投与し続けた場合に起きる「ヘパリン起因性血小板減少症」に対して開発された薬剤で、かなり新しい薬でもあります。

ヘパリンが副作用として持っている血小板減少を回避して抗凝固作用を期待できるので、ヘパリンナトリウムで副作用が心配される人などには、アルガトロバンの方が処方されていくことでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。