脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞の薬物療法抗血小板療法(オザグレル、アスピリン等)

抗血小板療法(オザグレル、アスピリン等)

抗血小板療法は血栓の再発を防止する

血栓の形成を抑え、再発防止・予防どちらの観点からもよく行われるのが「抗血小板療法」です。
血栓の主成分はフィブリンと血小板であり、この内血小板の凝集を抑えて血栓形成を阻害するのが抗血小板療法です。具体的には血小板を凝集させる因子(トロンボキサン)の生成を阻害して、血小板は存在しているが凝集しないという状態を作り出します。

血栓の形成を抑えるアスピリン

抗血小板療法によく用いられるのが、まず「アスピリン」です。風邪薬などでもよく登場する代表的な消炎鎮痛薬ですが、脳梗塞の治療においてもよく使用されます。

アスピリンには先ほど挙げた血小板凝集を妨げる抗血小板凝集作用があり、脳内に詰まるような血栓の形成を抑えることができます。しかも、風邪薬などによく使われるだけに副作用も軽く、安価であるため、再発防止や予防にも広く用いられています。
使用上の特徴としては、少量の継続投与が最も効果を持ち、小児用バファリンなどが予防や再発防止に処方されているようです。

急性期の治療に使われるオザグレル

オザグレルは、血小板の凝集因子として強い活性を持つTXA2の生成を阻害して、血小板凝集を抑える薬剤です。こちらも同じく抗血小板療法に用いられますが、アスピリンとは違って、主に急性期の治療に使用されます。

どちらにも共通することですが、血小板凝集を抑えるということは出血の際の止血がしにくくなるということでもあるため、脳梗塞治療においても脳出血の疑い、危険性がある場合は抗血小板療法を用いません。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。