脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞の外科手術外科手術を適用する状況とは?

外科手術を適用する状況とは?

細い血管の開通には手術が必要

脳梗塞の治療は基本的に血栓溶解剤や抗凝固剤、抗血小板剤などの薬剤投与で進んでいきます。これは、脳内部の血管、特に細い血管などを外科的手法で開通させたり再建することが困難と言うより、事実上不可能であるためですが、同じ脳梗塞でも中には外科手術にて治療を行う例もあります。

頸動脈手術について

外科手術にて脳梗塞治療を行う例の1つとしてはまず、頸動脈閉塞の除去があります。
脳梗塞は血管の病変や血栓が詰まることによって、脳の一部ないし、全体に血が回らなくなることで起きる障害を指します。

よって、必ずしも脳梗塞=脳内血管の問題というわけでもなく、時には頸動脈などの割合太い血管で閉塞が起きて、脳全体が虚血状態に陥ることもあります。これを防ぐ方法として、頸動脈手術が比較的容易でかつ確実に血流を復活させられますので、外科的手法が用いられることも多くなります。

頸動脈の術式は3種類

脳梗塞阻止のための頸動脈手術は、その手法によって大きく3つの手術があります。
血管内膜をガリッと削って血管を塞ぎかけているアテロームを取り去る「頸動脈内膜切除術」、詰まりかけている血管に対してバイパス血管を作る「バイパス手術」、筒状のメッシュを挿入して血流路を確保する「ステント留置術」の3つです。

いずれの方法にしてもそれなりに準備等時間がかかるため、発作で倒れた人に行う治療と言うより、基本的に手術での治療は頸動脈での動脈硬化が危険域に達している場合の脳梗塞予防策として施術されます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。