バイパス手術

新たな血管を作る手術方法

脳梗塞の手術処置として、比較的太い血管で梗塞が起きた、起きかけている場合に選ぶことが有るのが「脳血管バイパス手術」です。これは文字通り、詰まっている脳血管を迂回して新たなバイパス血管を作る手術であり、確実といえば非常に確実な治療法です。

手術による開頭は比較的小さめ

術式としては、開頭をしての手術となりますが、現在は比較的小規模な開頭での施術が可能になっているようです。適切なバイパス設置が出来さえすれば非常に高い効果を期待できる治療法なのですが、実行にはいくつかのハードルも存在します。

バイパス手術について

まず、開頭手術ということで非常に繊細な技術を要求されるということです。少なくとも盲腸のようには行きませんので、施術できるのは専門の脳外科医を擁したある程度以上の大病院となるでしょう。

また、適切なバイパスの設定が難しいことがあります。どのようなバイパスが有効なのか、そもそもバイパス設置で改善が見込めるのかどうかは個人差・状態の差が大きく、患者の状態を細かく観察しながら判断する必要があります。その結果「バイパス作っても意味がない」となることもありえます。

そして最後がバイパスを形成できるような脳の箇所は限られているということです。
脳はとりあえず切り開いて後で縫い合わせるといった扱いができませんので、脳深部の血管はそもそも外科的手法で手が出せません。バイパス設置が可能で効果が見込めるのは、脳の表面を走る血管で比較的太いものに限られるというのが実際です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。