脳梗塞ココが知りたい!トップ > 脳梗塞の外科手術ステント留置術

ステント留置術

閉塞ぎみの血管を広げる手術方法

脳梗塞対策としての頸動脈手術で、比較的負担が小さいことで好んで行われることが多いのが「頸動脈ステント留置術」です。脳梗塞のリスクとなるのが、動脈硬化が進んで閉塞しつつ有る頸動脈ですが、ここにステントと呼ばれる筒状の金属網を挿入することで、血管を広げて固定し、血流を確保するのがこの手術の概要となります。

体への負担が少ないステント留置術

実際の施術は、大腿動脈などからステントをつけたカテーテルを差し込んでいき、目標地点まで到達した後ステントだけを置いてくるという形で行われます。
頸動脈内膜切除術と違って、周辺を切り開いたりしない分体への負担をかなり抑えることが出来るのが利点で、当然入院期間なども短くできます。局所麻酔で行えるのも大きな利点で、全身麻酔が難しい患者などにも採用することが可能です。

血管内膜切除術の実行が難しい高齢者や、心臓に疾病を持っている人などを対象にした臨床統計では、明らかに血管内膜切除術より低い死亡率・再発率を示しており、内膜切除術が適用できない状態の人には非常に有力な選択肢となります。

脳梗塞を起こすリスクもある

ただし、まだまだ新しい手術方法であるため、ノウハウ蓄積が十分とは言えず、すべての頸動脈狭窄に関して手術を行えるわけではありません。

また、このステント挿入・カテーテル挿入自体が各所でアテローム血栓の剥離を引き起こして、脳梗塞の原因となるというリスクが存在します。この手術方法を選ぶ際には、効果はもちろん、リスクもしっかりと話し合って確認した上で行うべきでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。