脳梗塞ココが知りたい!トップ > 後遺症片マヒ・半身マヒ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片マヒ・半身マヒ

最も多い脳梗塞の後遺症

脳梗塞の後遺症として非常に多いのが、「片麻痺」「半身麻痺」と呼ばれる症状です。
片麻痺とは、体の片側、右か左かどちらかの半身で麻痺が発生するという症状であり、脳梗塞で特に多くなる症状です。脳出血の場合でも発生はするのですが、どちらかという損傷範囲が限定される脳梗塞の方に多く見られる症状です。

半身麻痺が起こる理由

脳は体の各部位と脳の中での担当部位が対応しています。すなわち、脳の一部分が破損した場合、それに対応する体の一部分が感覚麻痺などの機能不全を起こすようになっています。
また、人間の脳は左右がかなりはっきり分かれていて、それを脳梁でつなぐという形式を取っていますので、片方で起きた障害も、もう片方には影響を及ぼしにくいという性質が有ります。

このため、脳梗塞などで脳の一部に損傷が発生し、その近辺の脳細胞も含めて機能不全に陥った場合、左右どちらかの半身麻痺、片麻痺ということが起きてくるわけです。
同じ理由で、出血が脳全体を圧迫して問題を引き起こす「くも膜下出血」などでは、片麻痺などの部位限定的な障害よりも、全体機能への影響が出やすいようです。

麻痺は早い段階からのリハビリが必要

片麻痺への対応、リハビリとしては、マッサージや外部から動かすなどで症状の軽減を図ると共に、拘縮を避けるのが重要になります。特に、手足などが関節部分で折れ曲がった後動かせなくなる拘縮はその後の機能回復などにも大きな影響を及ぼすため、出来る限り早い段階からリハビリを始めるなどの対応をする必要が有ります。

スポンサードリンク

片マヒ・半身マヒは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 脳梗塞ココが知りたい! All rights reserved .