脳梗塞ココが知りたい!トップ > 後遺症脳血管性認知症

脳血管性認知症

認知症に似た症状がでることも

いわゆる昔から「ボケ」と言われてきた、精神作用の障害は認知症という呼称になっていますが、この認知症もその発生原因からいくつかのタイプに分けることができます。脳梗塞などを原因として起こる認知症を「脳血管性認知症」と呼び、ある程度特徴的な症状を持っています。

症状の特徴はまだらボケ

脳血管性認知症の特徴としては、認知機能の低下がモザイク状、いわゆる「まだらボケ」をすることが挙げられます。具体的には記憶部分では著しい認知症症状が見られるのに、人格部分や判断の部分では比較的正常であるとか、記憶関連に顕著な問題がなくても、異常なまでに感情のコントロールが効かなくなるなどの形で現れてきます。また、片麻痺や感覚異常、半側失認など脳梗塞特有の身体・感覚障害を伴うことが多いのも特徴でしょう。

認知症との違いについて

これは、脳血管認知症が脳梗塞などの部位限定での脳損傷を原因としているのが理由で、記憶を司る部位がピンポイントで破損した一方で、思考や判断を司る部分はほとんど損傷していないというようなことが起きるためであると考えられます。
そのかわり、全体的に脳機能が低下するようなタイプの認知症とは異なり、破損した部位が担当していた認知機能に関しては、著しいダメージが見られることが多くなります。

原因や症状の特徴を考えれば、脳血管性認知症は認知症の一種であると言うより、脳梗塞に伴う各種障害の内、精神活動に影響をおよぼす物を分けて呼称していると言ったほうが正しいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。