脳梗塞ココが知りたい!トップ > 動脈硬化を知る動脈硬化とは

動脈硬化とは

血管の柔軟性が失われる病気

動脈硬化とは、動脈の血管壁が肥厚していき、柔軟性を失う現象です。また、別の出方として血管内壁内膜に酸化コレステロールが蓄積・侵入して肥大し、プラークやアテロームを形成する場合も動脈硬化の一種とされます。

この動脈硬化が起きてくると、血管機能に色々な不具合が生じてきます。代表的な所では、柔軟性を失ったがゆえに十分な血流を通せなくなる「ラクナ梗塞」や、徐々に血管内部が詰まっていく「アテローム梗塞」

また、血管壁自体がもろくなっているために血圧に耐え切れず血管から不正出血が起きたりといった具合です。いずれにせよ、最終的に梗塞や出血という形に到達する動脈硬化ですが、これが脳で起きれば脳梗塞や脳出血とな って、命にも関わる重症となります。

主な原因は高血圧

動脈硬化を引き起こす原因としては大まか3つの要因が挙げられます。まず一つは高血圧です。

血管壁は絶えず血圧という力がかかっているのですが、その血圧が高くなればそれに対応するために血管壁も強度を上げざるを得なくなります。そうやって高血圧に長期間晒されていると、血管壁は肥厚を進めて、代わりに柔軟性を失っていきます。加えて、動脈硬化が進むと血流が通りにくくなり、それに血液を通すために心臓は更に拍動を強くするという悪循環にも陥ります。

高血糖も動脈硬化の原因に

次の一つが、食生活などから来る血液状態です。動脈硬化でプラーク・アテロームなどを形成する主たる原因は、血中悪玉コレステロールの濃度と血糖値であることがわかっています。
高脂血症に加えて高血糖があるような状態では悪玉コレステロールが酸化される度合いが非常に上昇し、血管内壁で動脈硬化が進む度合いが強くなります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。