脳梗塞ココが知りたい!トップ > 動脈硬化を知る動脈硬化の予防

動脈硬化の予防

生活習慣の見直しが予防につながる

動脈硬化の予防は、なんといっても正しい食事に適度な運動によって成されるものです。
動脈硬化は加齢による自然な動脈硬化と、生活習慣が反映される病的な動脈硬化とがありますが、予防という観点から見れば、どちらの場合でもやるべきことにあまり違いはありません。
まず第一に適切な食生活によって血液を正常に保つことが重要になります。

血液を正常に保つことが大切

動脈硬化はすなわち、中を流れる血液の異常を反映したものだといって過言ではありません。
血液を正常に、清浄に保つには、まず脂質や炭水化物のとりすぎを改める必要があります。

油を摂り過ぎれば高脂血症にもなっていきますし、糖分を摂り過ぎれば高血糖・糖尿病ともなっていきます。どちらも言わば血液の浄化能力を超えて過剰な栄養分を取り過ぎた結果であり、ともに全身に悪影響を及ぼす疾患です。

不飽和脂肪酸が多い植物油は、血中悪玉コレステロールの低下に寄与するという報告もありますので、油脂を摂る場合は、ラードなどの動物性油脂は避けて、なるべくごま油やヒマワリ油などを用いていくべきでしょう。糖分に関しても、即座にブドウ糖に変わるような砂糖・炭水化物は避けて、ゆっくりと消化吸収される未精白穀物などが望ましいと言えます。

適度な運動は予防の必須項目

そして、運動は人間の機能から言って、欠かすことのできない要素です。
動かさないと体は腐るぐらいのつもりで日々を送るのが動脈硬化予防に重要です。

運動を行えば先に挙げた栄養過多の問題も大きく緩和されますし、ストレス解消、血行促進などの効果も望めます。ちゃんと使用されて全身をめぐる血液は状態も正常に近づいていきますので、動脈硬化予防にも大きな効果を持ちます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 脳梗塞ココが知りたい! All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。